コスト削減と環境への配慮を両立したOPP袋の幅広い用途



      このエントリーをはてなブックマークに追加

OPP袋とCPP袋の特徴とその比較

予算をきちんと整理しましょう

最近広く普及し、日常生活の中でも様々な場面でよく見かけるOPP袋ですが、OPP袋と聞いてすぐに何のことか分かる人は多くはないでしょう。OPP袋とは、透明袋やビニール袋の一種のことです。OPPとは、Oriented Polypropylene(オリエンテッドポリプロピレン)の略で、日本語での正式名称は2軸延伸ポリプロピレンです。

原料のポリプロピレンを縦と横2方向に引き延ばして製造されたプラスチックフィルムのことを指します。製造過程ですでに引き延ばされているOPPフィルムは、引っ張ってもほとんど伸びないため張りがありしわになりにくく、引っ張り、引き裂き強度が強という特徴があります。しかし、袋状にするときにできるフィルムの接合部分は避けやすいという欠点もあります。


CPP袋とは何か

OPP袋と同じような、透明袋、またはビニール袋の一種にCPP袋があります。CPPとは、Cast Polypropylene(キャストポリプロピレン)の略で、日本語での正式名称は無延伸ポリプロピレンです。引き延ばしされていない状態のプラスチックフィルムのことです。

OPP袋とCPP袋をその見た目で判断するのは難しく、CPP袋の方が透明度がわずかに劣るものの、それは専門家が見ると判別できる程度の差でしかありません。ただし、二つの袋を触ってみると、OPP袋の方はパリッとした感じがあり、CPP袋の方は柔らかく滑らかで破れにくく、引っ張ってみると伸びるという特徴があります。また、OPP袋は接合部分が避けやすいのに対して、CPP袋は粘りがあるため接合部分がさけにくいという特徴があります。


OPP袋とCPP袋の比較

OPP袋とCPP袋の特徴をさらに比較すると、OPP袋は非常にクリアで透明性が高く、光沢もあります。耐熱性は130度とされ、高温条件下でも安定していますが、CPP袋に比べるとシートヒール性が弱いといえます。また、冷温条件下では強度が落ちてしまうため、寒冷地で使用するときは注意が必要とされています。一方、CPP袋の方は、OPP袋に比べると透明度はやや落ちるものの、耐熱性は130度以上あり、シートヒール性に優れています。

ただし、OPP袋と同様に冷温条件下での強度は落ちてしまいます。一見すると違いが無いように見えるCPP袋とOPP袋ですが、こうしてよく比較してみるとそれぞれに特徴があることが分かります。商品の販売やカタログの送付などに使用する場合、それぞれの袋の特徴や利点を踏まえて、その用途に合わせて、目的に応じた選択をすることが必要となります。


(関連記事)A4サイズOPP袋・OPP封筒の激安販売

ABOUT

運営者
関東包装研究会
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。